So-net無料ブログ作成

FOMC、超低金利政策継続、日米とも銀行株が牽引 [株式日記]

ニューヨーク市場、軟調でしたが、FOMCの議事録の内容から利上げ観測が後退し、
ほぼ前日終値の水準まで戻して返ってきました。
しかし、CMEはやや高かったものの、円安に一服感が見られたことで、
ひと休みしそうな雰囲気で日本市場が始まりました。
日本市場、小幅高で寄った後、9:45までもみあった後、10:00まで一旦下落。
しかし、そこからとってかえし前引け前まで一気に上昇。38円高で引けました。
銀行、不動産などの出遅れセクターに海外勢の買いがあった模様。
上海は軟調のようでした。
後場明け、10分は上げましたが、そこから雲行きがおかしくなり、
14:00からは引けまで、1度のダマシを経て下落。
結局10円安で大引け、全体的に動意薄の雰囲気で、銀行株が牽引したようです。
しかし、それでもこの過熱感の中、僅かながらもプラスで終えたことは、
地合の強さを示していると言えるのではないでしょうか。
本当にこのまま調整しないのか、だとしたら凄いことですが、
サブプライムやリーマンの時は、逆の常識外れが起こったわけで、
そのお返しが来るのか、成り行きを見守りたいですね。
上海は結局小幅安でした。

20100407日中足.Jpg

主要指標(2010/04/07)
指標名 前営業日比
NYダウ $10969.99 -$3.56
ドル・円 (9:00) 93.63円 -0.65円
日経平均終値 11,292.83円 +10.51円
売買金額 16,809億円 +1,143億円
騰落レシオ 145.86% +1.05%
上海総合株価指数終値 3,148.22 -10.46
外国人売買動向(3/23~3/26) 422億円買越 (前週比) -1161億


<関連記事>
雇用統計の好感分は消化した?


先物取引を徹底比較

お名前.comのレンタルサーバー 国内最大級の運用実績
ブログトップへ戻る
nice!(41)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 41

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0